【大規模運用検討中の方向け】共存できるBizRobo!運用の勧め~RPAを適材適所で複数運用する時代に~

お申込みはこちら

概要

多くの企業でRPAの導入が進むにつれ、運用方法に悩む方も増えています。
何の業務をRPAに任せればよいのか、どのRPAツールが適しているのか、
全社でRPAを活用するためにはどのような運用をすればよいのか…課題は枚挙にいとまがありません。
今回は、2016年度からRPAを導入し年間37万時間を削減した業務改革推進プロジェクトを取り仕切った
大岡 明久氏を招き、自社でRPAの導入に至った背景から、対象業務の選定までの流れ、
さらに導入後どのような効果があったのかを紹介。
複数製品を取り扱うからこそ見えた、RPA製品の適材適所の使い分け方法をご案内します。

この様な方におすすめ

  • RPAの大規模運用を検討中の方
  • 複数のRPAツールの使い分けにお悩みの方
  • RPAの活用事例を知りたい方

登壇者

  • NECマネジメントパートナー株式会社
    プロセス・IT統括事業部 RPA推進センター 
    シニアコンサルタント(業務自動化)
    大岡 明久氏

  • 司会進行

    • RPAテクノロジーズ株式会社
      カスタマーサクセス部 部長
      和田 慎也氏

    開催概要

    開催日 2020年12月4日(金)13:00〜13:50
    参加費 無料
    共催 NECマネジメントパートナー株式会社、日本電気株式会社、RPAテクノロジーズ株式会社
    視聴方法 Zoomでのオンライン配信