これからの働き方を考える中小企業向けデジタル活用の第一歩セミナー

お申込みはこちら

概要

 中小企業において人手不足と長時間労働は深刻な経営課題となっています。その解決策として、RPAが近年注目されています。RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、事務作業を中心としたパソコンの業務を人に代わって作業するデジタルレイバー(仮想労働者)とも言われています。活用の仕方次第で、365日休みなく、単純作業もミスなく働くデジタルレイバーとの共存は、人手不足の続く未来の働き方を考える上で、一つの有力な選択肢となります。

 本セミナーでは、第1部においてRRAテクノロジーズの代表として長年に渡ってデジタルレイバーの活用を推進してきた大角氏が、中小企業の経営層やIT・DX推進者向けに、ロボットと共存したこれからの働き方と、まず取り組むべきことについてご紹介します。第2部では、富士フイルムビジネスイノベーションジャパンが中小企業の業務改善に有効な3つのサービスを活用シーンの事例紹介やデモンストレーションでご案内いたします。第3部において、仙台市産業振興事業団の高木氏がデジタル化を進める上で活用できる補助金・助成金、その他支援制度について、網羅的にご紹介します。

【セミナー内容】

  • 第1部:基調講演中小企業でもできるデジタルの時代に向けた心構え(14時~)
  • 第2部:すぐに始められる中小企業向けITツールと活用ノウハウご紹介(14時50分~)
  • 第3部:活用できる補助金・助成金、その他支援制度についてのご紹介(15時30分~)

【こんな方にオススメ】

  • 人材不足・採用難で、デジタルレイバー・RPAの活用に関心がある
  • IT・デジタルを活用したいけど何から始めていいか分からない
  • 社内にITに詳しい人材がおらず、相談できる窓口や支援業者を探したい

【登壇者】

【開催概要】

開催日 2021年9月28日(火)14時~16時
参加費 無料
主催 RPAテクノロジーズ株式会社
共催 サイボウズ株式会社、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社、
公益財団法人仙台市産業振興事業団
視聴方法 Zoomでのオンライン配信

【お申し込みフォーム】